Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shigekiyo/shigekiyonaika.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

心臓病内科

基幹病院にて心臓カテーテル治療やペースメーカー植込みなど、心臓病の診療を行ってきました。急性期の判断と、慢性期の経過観察や薬剤の調節などを行わせていただきます。近隣の中核病院と連携を密にし、施行された心臓カテーテル検査の結果や心エコー検査の結果にて細かな薬剤の調節を行います。

  • HOME
  • 心臓病内科

はやい不整脈(頻脈性不整脈)

おそい不整脈(徐脈性不整脈)

狭心症

突然の動悸は頻脈性不整脈の可能性があります。不整脈の同定と、心臓の構造上の異常がないか、エコー検査での確認が必要です。不整脈によって、薬の治療や専門機関にカテーテル治療目的にご紹介させていただきます。

脈が飛ぶ、ふらつく、欠神発作、息切れ症状、倦怠感などは徐脈性不整脈の可能性があります。突然脈拍が落ちたり、極端に脈拍数が遅いとそれらの可能性があり、心室中隔の基部の菲薄化があればサルコイドーシスに特徴的ですが、心臓の電気を作る力が落ちたり(洞不全症候群)、電気の伝わる力が落ちる(房室ブロック)などの状態は多くは年齢とともに少なからず起こります。心電図にて同定され、自覚症状のもとや、心不全の原因になるときはペースメーカー植え込みなどの治療が必要です。

作業中や階段を登っときなど、体に負担がかかった時に胸が苦しくなる症状は狭心症の可能性があります。詳細な問診と動脈硬化のリスクを評価、心電図検査や心エコー検査などで急な対応が必要かどうか判断し急性期の治療が必要ならご紹介させていただきます。また、治療後の薬剤投与や経過観察も行わせていただきます。

心不全

慢性閉塞性動脈硬化症(休むと治る足の痛み) 

動いた時の倦怠感、息切れ症状、夜間の咳などは心不全の可能性があります。心筋梗塞後の心機能の低下した症例もありますが、最近問題になっているものは心機能の低下していない心不全で、見た目だけでは診断および治療することは困難ではありますが、早期の適切な医療を行います。

血管(動脈、静脈)は全身にあり動脈硬化が進行すれば、一般的には脳と心臓そして足の血管が問題になることが多いです。特に足の動脈硬化が進行すると間欠性跛行といって、休むと治る足の痛みがでることがあり慢性閉塞性動脈硬化症を疑う特徴的な症状です。脊柱管狭窄症などの整形外科領域の疾患との鑑別が重要ですが、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の関与があればさらに強く疑います。

動脈の触診、エコーでの血流確認、両手足の血圧を測って比を見るABI検査も行います。

カテーテル治療後

心臓手術後

狭心症やはやい不整脈(頻脈性不整脈)のカテーテル治療後の患者さんを診させていただいています。薬剤のコントロールはもとより、治療後に胸の症状が残る方などの不安な気持ちにも向き合います。検査の再検や再治療などの判断もさせていただきます。

バイパス術後、弁膜症術後、シャント疾患術後などの患者さんを診させていただいています。バイパス術後の患者さんではグラフト(動脈、静脈)の種類によって、弁膜症術後では弁(機械弁、生体弁)によってみかたがかわります。狭心痛、心不全兆候、不整脈出現ないか入念に経過をみていきます。